• ホーム
  • ED治療とストレス解消方法

ED治療とストレス解消方法

2019年07月27日
薬を飲む男性

ED治療を行う上で、ストレス解消は大切です。
若い人に多いのは、動脈硬化など体に原因がある器質性EDよりも、精神面に原因がある心因性EDが多いです。
心因性EDの原因はいろいろありますが、その中でもストレスが原因として多いです。
職場でのストレス、夫婦生活のストレスなどが積み重なって起こることもあります。
そうならないためには、自分なりのストレス解消法を身につけておくことが大切です。
男性は女性に比べると、小さいころから我慢することを強いられます。
「男なら泣くな」「男だから我慢しろ」といった感じで、自分の感情を表面に出すのを我慢させられます。
しかし、これはストレスを溜めることに他なりません。
女性は泣いたり笑ったりといった感情表現が豊かなので、人と話すことでストレスを解消できると言われていますが、男性はそれを許されません。
もしストレスを感じているのならば、一度言語化して問題を把握してみると良いです。
絶対に弱音を吐いてはいけないと思っていると非常にストレスになりますが、辛ければ誰かに弱音を吐いても良いと思うことができれば、気持ちはだいぶ楽になります。
身近に適当な人がいなければ、心療内科やカウンセラーを利用しましょう。
診療内科では体の状態に合わせて抗鬱剤や精神安定剤を処方してくれることもあります。
とにかく、一人で悩まないことが大切です。
医師に話しただけで気持ちが軽くなったという人はたくさんいますので、男性だからといって弱音を吐いてはいけないとは思わないことが大切です。
自分なりのストレス解消法では、趣味に打ち込む、自分に甘くしてあげる、よく眠れるような環境を整える、など工夫してみましょう。